ブーツ・革靴・財布まで何でもOK!人気靴磨きクリームを購入

イマイチ革への馴染みが悪かったり、思っているようなツヤが出ない...光沢感はでるけど妙に薬剤臭くて使うのが不安等々...。
意外と商品選びが難しい靴クリーム。
通販で調べると、色んなブランドがありすぎて何を選んでいいか分からくなりますよね。
私も今まで何回かおすすめとされるシュークリームを買ったものの、どれも大満足とまではいきませんでした。
そこで今回、“最後の靴クリーム”にしようと思い、コロニルというブランドの靴クリームをゲット。
通販での口コミや他サイトでの評価は軒並み高評価。
実際の使用感を紹介していますので、靴クリーム選びでお困りの方は一度ご覧になってください。

「コロニル1909 シュプリーム クリームデラックス」レビュー

有機溶剤不要の靴磨きクリーム 天然オイルをベースにした栄養クリーム

コロニル1909の成分

コロニルは1909年に誕生したレザーケアブランド。ケアアイテムを発売して以来、その品質が世界中で高く評価され今や超有名ブランドに成長。

今回私が買ったのは、シダ―ウッド・ラノリンといった天然オイルをベースにした皮革用栄養クリーム。

一般的な靴クリームと違って、有機溶剤等は配合されておらず、革にも人体にも無害な製品。安心して使えそうです。

香りはシーダ―ウッドそのもの。マツやヒノキのリラックスできる香りで、大変リラックスできます。

私はいろんな色に使える「カラーレス」を購入。もし、色の補色もしっかり行いたい方は、タン・ダークブラウン・ミディアムブラウン・バーガンディー・ブルー・ブラックから選ぶことも可能です。

革への浸透性が抜群!古いブーツもよみがえる

コロニル1909の使用感

さて、肝心の使用感。

気温によって固まったりすることがなく、常にクリーム状。

使用量の目安は、正確には「900平方cmあたり1ml(30cm×30cmに1cc)」...。と言われても、実際ピンと来ず。

とにかく、ちょっとした量でOK!ということにしておきましょう。古いTシャツを活用し早速ブーツに塗り塗り。

事実、少量でも伸びやすく、何より驚いたのが、革への馴染み方

今まで、いくつかの靴クリームを試してきましたが、こんなにぐんぐん馴染んでいくのは初めて。

べたつくこともなく、磨いていくことで主張しすぎない自然のツヤがでてきます。

このクリームを塗ったのは、かなり古いブーツ。手入れも長い間していなかったためか、革も硬く細かいひび割れもところどころに。

さすがにひび割れはクリームではどうしようもできませんが、塗った後は、革の保湿感・柔軟性が増し、大げさに聞こえるかもしれませんが、革が生き返るような印象を受けました。

革への栄養補給だけでなく撥水効果もあり、とにかく一石二鳥いや三鳥、四鳥の靴クリーム。

久しぶりにいいお買い物ができました。

ちなみに、コロニルを買うまで使っていたのは、「BEE KIND(ビーカインド)」という天然蜜蝋ワックス靴磨きクリーム。

ビーカインドの靴ワックス

ニュージーランドのブランドで100%ナチュラルのクリーム。

こちらもそこそこ評判が良く、実際悪くはなかったものの、革への浸透性とツヤの出かたにちょっと物足りなさを感じていました。

その点、コロニルは文句なし。すべてにおいてベストバランスです。

革靴やブーツだけなく、革製品だったら財布でもソファーでもバックでもなんでも使えるので大変便利ですよ。

「コロニル1909 シュプリーム クリームデラックス」お得な通販情報

コロニル1909デラックスクリームは、楽天でもヤフーでもアマゾンでも購入可能。

ただ、お店によって価格や送料などに違いがあるため、買う際には条件を比較したほうが良いです。

現在販売されている価格で一番お得なのは、送料込みで1.600円(100ml)ぐらい。

使用する際は、少量で十分なので、100mlを使うためには相当な靴磨きが必要になってきます。コスパは十分するぐらいGOODなアイテムですよ。

基本輸入品なので、表記などは英語。

ただ、お店によっては、日本語表記のラベルを貼ってる場合もあるので、どうしても日本語じゃなきゃイヤという方は、購入する際に確認してみてください。

ページの先頭へ